受診から診断まで


医学の発展によって昔ほどがんは恐れられる病気ではなくなってきています。
早期に発見されればしにいたることも無いどころか体に影響を大きく及ぼさない治療法もどんどん見つかってきているくらいです。

しかし自分の体にがんが見つかった時にさまざまな死の恐怖が頭に思い浮かんでくるものだと思います。
また実際にがんと診断されると社会復帰するまでに治療に費やす時間とお金に絶望がよぎることもあるでしょう、

さらに再発など現在では未解決の問題もまだ多々残っていることも否めません。
治療に伴う身体機能の低下や強い副作用も深刻な問題で治療の妨げとなるだけではなくそれが死を招いてしまうケースすらあります。
とにかく気がかりなことや心配なことは誰かに相談するのが一番です。
一人で抱えているより誰かに相談することにより自分の気持ちに整理がつき、楽になれることもあるでしょう。
まず、がんにかかった時どのような対応を病院がとっていくかということについて知っておきましょう。