病院にいる医師たち

病院にはいろいろな技術をもった人がいます。
また病院によっても規模が違いますのでクリニックのようなところでは医師と看護師しかいないかもしれません。
少し大きな病院になるとそのほかにも薬剤師や栄養士理学療法士、ケースワーカーという専門職の人たちがいます。
薬剤師がいることにより責任をもって薬についての説明が行われたりのみにくい薬でも工夫してのむことができるようになります。
また、栄養士も患者の健康と栄養のバランスを考えた食事を作るだけでなく、患者の好みに合わせた食事を提供することができるようになってきているようです。
ケースワーカーは経済的な問題や自宅で療養する時に様々な問題が起こります。
そのときに必要な物資についての手配の仕方やヘルパーの手配について依頼する方法などの福祉に関するスペシャリストです。
理学療法士はレントゲンなどを撮るなど様々な技術を応用して治療に当たる人々のことです。
病院だけでもかつてのものとは大まかに変化してきているといえるでしょう。